2015年7月3日金曜日

WIFIセキュリティに関するご報告


先日、お客様からパセラのコワークにおける、
Wi-Fiセキュリティについてご質問を頂きました。

受付等におりますスタッフは、ITの専門家ではありませんので、
あまり細かい部分はお応え出来ないこともありますので、
このブログにてご案内とさせて頂きます。


パセラのコワークのWi-Fiセキュリティは、

認証方式に「WPA/WPA2-PSK」
暗号化方式に「TKIP/AES」

でのご利用をいただけます。

Wi-Fiに接続される機器が対応していれば、「WPA2-PSK」と「AES」の
組み合わせの方がセキュリティレベルは高くなります。

どの組み合わせが採用されるかは機器の設定次第という形になり、
パソコン(Windows)では無線の通信方式を下記手順でチェック設定できます。
https://www.telecom-isac.jp/an119/04/040900.html

また、パセラのコワークではWi-Fiに接続している機器同士を通信を遮断する
プライバシーセパレーターという機能を使用しています。


パセラのコワークは昨年11月にオープンしたばかりと言うことで、
ac規格にも対応するなど比較的新しい、業務用の機器を導入しております。

そういう部分も含めて、現時点でコワーキングスペースの運営企業として、
一般的に対応するべきセキュリティ対策は行っております。

ただ、国もハッキングされるような時代ですので絶対に大丈夫かと言われれば、
もちろん、「絶対」とは言えません。。。


もし、一般的なコワーキングスペースのセキュリティレベルでは心配な、
もしくはリスクが高い業務(例えば金融系など)をされているようなケースは、
スマホのデザリングや、WiMAX等を利用される方が、
共有Wi-Fiを利用するよりは、リスクは低いことも事実であります。


以上をご理解頂いた上で、
パセラのコワークご提供の共有Wi-Fiのご利用をよろしくお願い申し上げます。